上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 


   1 ハル



 どうして自分がここにいるのか、分からなかった。
 陽のあたらない、背の高いビルに挟まれたゴミだけの汚い小路に、僕は座り込んでいた。
 見上げれば狭い狭い青空が見えた。きれいだな、と思う。切ないくらいに澄み渡った空だと僕は思った。いつからか抱いていた胸の痛みに似ていた。
 ……遠い、空。手の届かない、その先。
 雑踏、ざわめき。
 どうしてこんなところにいるのだろう。まるきり時間と空間の軸が狂っていた。僕はビルの冷たい壁に背中をあてたまま、額に手を当てた。狭い露地からざわめきの方に目をやれば、大通りを行き交う沢山の足が見えた。沢山の人がいて、みんな僕には気付かずに足早に歩み去っていく。
 どうして、こんなところに。
 ゆっくりと髪をかきあげて、なぜかその瞬間に、僕は気が付いていた。不意に突然、けれど驚きはなく、戸惑いもなく、すんなりと。
 ああ、と嘆息を洩らす。狂っているのは、記憶だ。どこか曖昧な白色に埋め尽くされて、僕はそれが分からないのだった。
 ……僕は、誰?
 僕は、なに?
 名前や容姿や年令や性別やそんな自分の根本的なことさえ僕は覚えていなかった。それはきっと言うなれば記憶喪失という現象なのだろう。けれどそんなことはどうでもいいことだ。僕はそう思った。
 大切なことはもっと他にある。記憶や時間や空間やそんなものよりもなによりも心が強く望むものが、ある。あるということを覚えている。
 だから大丈夫だ。
 僕は空を見上げた。空はただ遠く、蒼く澄み、伸ばした指の先で柔らかな光に溢れていた。
「なにしてるの?」
 突然、そんなことを訊かれて僕は顔を上げた。


To be continue

----------
にほんブログ村 小説ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 Blog Ranking
 
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback

http://smallgrass.blog3.fc2.com/tb.php/51-000452e6
プロフィール

水沢圭子

Author:水沢圭子
目指せ小説書き。日々の生活に甘んじず頑張るために実験的にブログ小説を始めることにしたくせに、結局書けてません。とはいえ現在は投稿メインでがんばり中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。