上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
「ずいぶんぼんやりしてるな」
「……うん、俺もびっくりしてる」
 肩をすくめての真也の言葉にそう返して、水江は受け取ったタオルで額の汗を拭い取った。
 ……気付かなかったのは、走ることに集中していたからだ。そう自分自身に言い聞かせながら、水江は汗のせいで肌にひっついたシャツを引き剥がす。
「なんか暑さでぼけたかな」
 水江はおどけた調子でシャツを扇いで、シャツと肌の間に風を通した。そんな水江を見やり、真也は僅かに顔を曇らせる。
「おまえの場合、ぼけてんじゃなくて、バテてんじゃないの?」
「なにそれ」
「夏バテ。最近、急に暑くなったしさ」
 夏バテするほどやわじゃない、と咄嗟に言い返しかけたところに、体育館の方から二人に近付いてくる少女の姿を認めて水江はふと口を噤んだ。呼び込むように軽く手をあげる。
「郁、」
「よ、ご両人。なに話してるの?」
 部活動中に使った備品を片付けに行った帰りなのか、珍しく手ぶらでマネージャーの結城郁は二人の間に割り込むと、にこにこ笑いながらそう口を開いた。
 水江はその無邪気な様子に柔らかく相好を崩し、真也はげんなりと肩を落とす。
「それ、なんかすごく用法違わない?」
「なにが?」
「ご両人って、違うっしょ、普通」
「あ、そんなことはないです。ご両人っていうのは二人のことを指す言葉で、別に特定の関係の二人を指すわけじゃないもんね」
「……でも郁の言い方がさ」
 論理的に返した郁の言葉に簡単に言い負かされた真也がもごもごと言い返したが、三人の中で最強無敵の郁にかなうわけもない。
「私は普通に言ったよ? なんでそんなふうに聞こえるかな……? あ、そっか、きっと真也くんの深層心理がそういうふうに聞いちゃったんだ! つまり真也くんは実は心の奥底で水江くんのことを……っ。水江くん、夜道では真也くんに気を付けるのよ!」
「うん。分かった、そうする」
 最後にはそう締め括った郁の言葉にあっさりと頷いた途端に、なんでだっと喚きたてた真也を放って、水江は笑いながら彼女に声をかけた。
「元気だねえ、郁ちゃんは」
「おうよっ、郁ちゃんはいつだって元気百倍オロナミンCさ!」
「それはなんか違うだろっ」
「いいの、私、ジャイアンツファンだから」
 拳を握ってそう宣言する郁に、それもちょっと違う気がする、と唸る真也たち二人のやりとりを見やって、水江は笑った。
 毎日のように繰り返されるくだらない言葉遊びみたいなものだけど、つくづく無邪気というかなんというか。
(元気だなあ)
 水江にしてみれば結局そうだ。こんな暑く気怠い日でもいつでも真也と郁は明るく元気なのだ──自分とは、全く違って。
 ふとその郁が拳を握って主張した。
「だからそうじゃないってばっ」
「なにが?」
 いつだってテンションの高い郁の言葉に、いちいち返す真也は律儀だ。
「そう、なに、が、なの!」
「はあ?」
「私の最初の質問、どっかぶっ飛んだじゃない。だから、ご両人なに話してたのって」
「……なんだっけ?」
 あまりにも話が最初に戻って、真也が本気でそう悩み込む。水江はその会話のあまりの馬鹿さ加減に思わず笑いだしている。馬鹿というか、可愛いのだ、ふたりとも。
(こうゆうの、いいね)
 ……穏やかな空間。
 水江はそう思う。
 陸上部二年生のこの三人組がまた集まって戯れているのを、他の部員たちがどこか楽しんでいるような奇異なものを見るような眼差しで見ていることにも気付きながらも、水江は穏やかな気持ちでそう微笑む。
 奇異というよりは好奇の眼差しか、とも水江は思った。北山真也と結城郁と、澤水江の──陸上部二年の、この余りにも清く正しい三角関係は周りから見れば。
(確かに奇妙だろうけど)
 優しく穏やかで甘く楽しい、空気。夏の光に煌めく透明な硝子のような、綺麗で壊れそうでけれど丈夫で、繊細なバランス。
(……俺だけだ)
 水江は笑顔のままそううつむく。
 自分だけだ。その中で違和感を感じているのはきっと。

--To be continue--

にほんブログ村 小説ブログへ

ブログランキング・にほんブログ村へ


FC2 Blog Ranking
 
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback

http://smallgrass.blog3.fc2.com/tb.php/4-594ceee3
プロフィール

水沢圭子

Author:水沢圭子
目指せ小説書き。日々の生活に甘んじず頑張るために実験的にブログ小説を始めることにしたくせに、結局書けてません。とはいえ現在は投稿メインでがんばり中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。