上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
半沢直樹もあまちゃんも一切見ずに夏を終えた10月、私はD-LIFEでとうとうNCISのシーズン3が始まるのではないかと期待して浮かれている今日このごろ、みなさまいかがお過ごしですか。

わーい、ギブスとトニーの掛け合いが見られる! 仲良し上司と部下万歳! いや、本当に萌えは重要です。生きる糧ですね。

そういえば最近、予想外の萌えと出会ってしまいました。
それは「隠蔽捜査」萌え…。
そう、まさかの今野敏ですよ。まさか今野敏にハマるとは。…いや、本当に謝ります。多作作家をちょっと軽んじていました。どうせ人物造形の浅い、謎解きも大したことないものなんだろう、とか思ってました。本当に失礼だ! すいません今野先生! いや、まあ、もちろん横山秀夫のような重厚さはないんですけど(「64」には痺れたー!)。だけど普通にエンターテイメントとして面白い。っていうかキャラがきちんと立ってて魅力的で、しかもなに竜崎さん総○けなの!?みたいな。あああ腐ってて本当にごめんなさい!!

でも本当にBLも真っ青な設定なんです。小学校のころの同級生で、いじめの被害者と加害者で、同じキャリアで入庁時に再会した警察官僚。一方は真面目変人、一方は快活颯爽。いじめの被害者が快活な加害者に対してコンプレックスを抱き、東大学閥的に「俺の方が上だなっ」とか思っている(可愛い…)だけならまだしも、なんだかんだ加害者(自覚なし)の方も「おまえってすごいよな」と微妙なコンプレックスを感じているところが、もうたまらん! 2冊目なんか、ノンキャリに囲まれた主人公がじわじわと周りに認められていくあたり、もう、この天然の○けっ子ちゃんめ!と罵りたいぐらいです。いやあ~、無自覚に男性作家が描く男同士の微妙な関係っていちばん萌えるよね…。

そんなわけで基本的に理性のない私は、粛々と隠蔽捜査の二次小説を書きなぐっているのでした。ああダメ人間。他にやることあるだろ!
でも妄想が溢れているいま!まさにこの瞬間に書かないと、この妄想小説は姿も形もなくなってしまうのです。半年後じゃ絶対書けない。だから書かずにはいられないのです。……まあ、書く必要あるのか、って言われたら、まあないんですけど。需要もないだろうし、完成したらただひっそりと別館プラスサイトのSeconderyカテゴリーでUPするだけなんですけど。

でも、書くのは訓練にもなるしね! やっぱりちょっと今野節を意識しながら書くし、そうするといつもの書き方と違うし、面白いです。とりあえずさくっと書きあげて、まじめにオリジナルを書き始めます。


 
Comment






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
Trackback

http://smallgrass.blog3.fc2.com/tb.php/190-bf3e772b
プロフィール

水沢圭子

Author:水沢圭子
目指せ小説書き。日々の生活に甘んじず頑張るために実験的にブログ小説を始めることにしたくせに、結局書けてません。とはいえ現在は投稿メインでがんばり中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。