上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
こちらのblogは長らく休眠中で、BL小説をアップしているプラスサイトのほうは1か月ばかりおやすみしているところですが、うっかりプラスサイトのログインパスワードを忘却してしまったようで大変悩ましい今日このごろ、みなさまお元気ですか。

休眠blogで誰に言ってるんだか。
単なる愚痴です。

fc2が「長らくパスワードが変更されてません」とか言ってくるから、少し前に変えちゃったんですよね。で、おバカだから、こうなる。だから、頻繁に変えたくなかったんだよ…。なんで変えちゃったのかなあ、自分。

いくつかのワードの組合わせ違いだと思うんだけど、組合わせって何通りもあって困ります…。

やれやれ。萎えた気持ちが復活したら再チャレンジしてみよう。
負けるな自分! がんばれ自分!
スポンサーサイト
 
うっかり年末が差し迫り、時間が数ヶ月分くらい飛んでいるきがする今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。そういえば「ホビット 決戦のゆくえ」を見ましたが、最後はこれでもかというくらいトーリン×ビルボでした。原作ファンとしては不満もありましたが、それを上回るトーリン×ビルボでした。いや、本当に。

そんなことはさておき。まず、長らく更新をお休みして申し訳ありませんでした。
お休みの理由はただひたすら「書けない」ってことだけですので、ご心配なく。ってそこが自分にとって一番重要な部分なんですけど。

それから、報告がひとつ。
先日「C★NOVEL大賞」の選考経過発表があり、一次選考通過いたしました。
Beans3月投稿作が一次選考落ちし、おおいに落ち込みましたが、改稿して再度投稿したらこちらでは一次選考通過ということですので、まあ賞との相性というか、マーケティングの間違いだったということのようです。引き続き来年の発表を待ちたいと思います。
が、さすがに最終まで残るのは難しいんだろうなあ、とも。あまり選考のことは考えず、目の前のことに集中したいものです。

だって本当に全然書けてない…!(>_<)
2014年はダメな年でした。書きたい話はあれど、全然自分の力が自分の思い描く理想に遠く及ばず、ズルズル悩んでばかり。まあ、これは今も解消されてはないのですが…

気合いを入れ直したいと思います。性根を入れ替えたいと思います。自分のダメなところを捨てて新しい年を迎えたいと思います。

そんなわけで少し早いながら、応援くださっている皆様、今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします!

 
先日「イン・トゥ・ザ・ストーム」を見に行きました。もう!大変わたし好みの素晴らしい災害パニック映画で!映画館で見てよかった!こういうの大好き!と興奮し、しかしパパ役のひと超カッコ良かったな~あんなもろタイプな男を今まで見逃してきたなんて目が節穴だなあ…と思って調べてみたら、パパ役の人がトーリン・オーケンシールドだったよ!!節穴どころか不覚にもほどがあるだろーーー!!!と地面に突っ伏したくなった今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

だってトーリン(「ホビットの冒険」の攻様、ちがう。ドワーフの王子様)、あんなに背がすらりと高いなんて思わないし、あんなきれいな顔してるなんて思わないしぃ…!と言い訳をしても仕方がない。ええ不覚でした。ほんと反省します。←なにを?(笑)

さておき、最近まだグダグダしています。もうアウトプットがうまくできないなら、インプットするしかない!と映画見たり、舞台を見たり、本を読んだり、展覧会を見に行ったりといろいろしています。

高崎でやってた「ナショナルジオグラフィック展」は本当にすばらしかった。万人に見てもらいたい未知の世界ばかりで。インターネットが発展して、なんでも調べられるし、知った気になれるけど、実際は全然そんなんじゃないよ!というのが良く分かる展覧会でした。

映画は相変わらずハリウッドアクションものが中心で、上記映画の復習で「ツイスター」を再視聴したり。「ツリー・オブ・ライフ」を再視聴したり。

本はとりあえず中村文則にはまって、たぶんすでに著作の8割方読みました。それから本屋大賞あたりで「海賊と呼ばれた男」と「天地明察」を。ときどきミステリーで浦賀和宏とか有栖川有栖とか挟んで、今はニール・ゲイマンと舞城王太郎と伊藤計劃とを借りている。ミステリー、SF、ファンタジーごっちゃごちゃ。

なにをしたいんだろう自分…。
いや、それでも、とりあえずなにか書くべきだよね、と思い、こつこつとなにかは書いてはいます。が、前には進んでいない感じ。

文字を書こう文字を。言葉を。
 
こんな話はつまらないとかなんの価値があるのかとか思って書くのをやめてはいけないと筒井康隆先生がおっしゃっているので書くのはやめたくはありませんが、うまく書けないときは本当にどうしたらいいんですか…とうっかりドスランプに陥っている今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

ああ、CKさんCKさん! 優しいお言葉ありがとうございますーー! 新作がんばります。がんばります。夏にお会いできますでしょうか? 楽しみにしています。
拍手コメントくださった方も、応援ありがとうございますー! うれしいです。応援が力になります!

さて、先日、世田谷文学館でやっている「日本SF展」に行ってきました。SFはそれほど特異ではないのですが(せいぜいアシモフのベイリシリーズとか上田早夕里とか)、すげー面白かったです。その中で筒井先生の紹介があり、先生が上記のようにおっしゃっていたことが書かれていました。すごく頼もしいお言葉です。ありがたやありがたや。

でも、今、書けてないんです!! …ああ、そんなことを宣言してどーする。
おもしろくないなーとか思っちゃったらもうその先が書けないです! でも、アイディアだけは新しく生まれてくるんです! 新しい話を考えるより先に今文字を書けよ!と自分に激しくツッコミを入れております。

そんなときに、ふと思い出す。会社の先輩の言葉を。「整理整理整理!!」……そうでした。企画に行き詰まったときは徹底的に情報の整理を!

そんなわけで今はPCに向かわず、ノートに向かって「なにを書きたいか」「こいつはどういうキャラなのか」「どういう話にしたいか」「どうしたら伝わるのか」を改めて整理をしています。とっちらかった頭ではきちんとしたお話しを書けませんものね。

うん。今まで生きてきたこと、無駄になってない。無駄になってないよ! 8月中までに初校まで書けたらいいなー。がんばります。

 

先週野村萬斎マクベスを見て来たよ演出がおもしろかったけどマクベス読んだばかりの私と解釈の違いに驚いたよ! やっぱり英雄の悲劇っていうのは転落にあると思うんだよね、最初っから最後まで嘆きっぱなしのマクベスと夫人ってどうなの?とか思った今日このごろ、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

日記を書かなきゃと思いながら、ずいぶん長く放置していました。
というのも六月は主に魂が抜けていたからです。これが挫折というものですか?というぐらいに心を失っていたからです。

なぜ魂が抜けていたのか?
話は単純。……3月に投稿した作品が一次選考で落ちたからです。
落ちたよ。落ちましたよ。一次で!! ああああ落ちたんだようーー。

まあ、一時的には本当に創作への自信というか意欲というかを失いかけたりもしましたが、ずるずるとそんな落ち込んだ話を日記に上げても仕方がないな、と思って、ずっと放置しておりました。

そんなわけで、今は魂を呼びもどして、9月に向けて書いてます。
最初は、魔物か人間か的な暗いお話を書こうと思っていたのですが、それでキャラもプロットも起承転結しっかり立ててたんですが、あまりにも暗くて筆が進まなくて(笑)、結局「やっぱり楽しい話を書きたいなー」と、全然ちがう話を書き始めています。魔法と人形と家族の話。ガールミーツボーイもある。でも、あんまり恋愛要素はないかな。とりあえず今回の野望はドM執事を書くことです。←どんな話だ?(笑) 

……もう七月ですからね。とっとと書かなきゃだめですね。8月中には初校をあげたいな。がんばりまーす。

 
プロフィール

水沢圭子

Author:水沢圭子
目指せ小説書き。日々の生活に甘んじず頑張るために実験的にブログ小説を始めることにしたくせに、結局書けてません。とはいえ現在は投稿メインでがんばり中。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。